スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

映画を見ました。

見ました「容疑者 室井慎次」。

以前『交渉人 真下正義』を見たのですが、
(詳細はコチラ)それに繋がっているんでしょうか繋がってないんでしょうか?でも真下さんの後のお話ですよね、これって。
八嶋さん(敵側の弁護士ですね)のゲーム機についてるキーホルダーがなんとなく気になるお年頃。

ネタバレ↓


【“映画を見ました。”の続きを読む】
スポンサーサイト

2005.09.08 | Comments(0) | Trackback(2) | 映画

STAR WARS エピソード3

昨日うちの妹と「STAR WARSエピソード3 シスの復讐」を見に行きました。妹は全部(エピソード1から)見ているのですが、私の場合はこれが初です。初めて見るのがエピソード3っつーのもまたなんか、アレですが、とにかく用語がわかりません。

↓映画を見る前の知識
ジェダイ=騎士とか言ってるしたぶんアナキンとかオビ=ワンの事
シス=人名か人種かグループ<ジェダイみたいな
ダースベイダー=シュコーって人
スターウォーズ=ディズニーランド

↓見た後のかっこいいキャラランキング
1位=オビ=ワン<ダントツ
2位=ヨーダ<強すぎ
3位=アナキン<弱!<心が
という事で私の心をとらえてはなさないオビ=ワン。待ちうけもオビ=ワン(落ち着け)

そしてそんな浅すぎる知識でのぞんだスターウォーズですが、とっても楽しかったです。
場面の切り替わりが「何年前のドラマだよ」とか、演技がうまいんだか下手なんだかさっぱりわかんねえよ!とか。
一応あのくらいの長さ(2時間くらい)の映画なのに、あの分しか描けないのはやはりまだ小説の壮大なワールドに映画がついていけてないのでしょうか。
エピソード3の一番の内容は、いかにしてアナキンがダースベイダーになってしまったのか、という部分だと思うんですが、なんつーかね…
以下ネタバレにつき、見ていない方はスルーで。あ、でも面白かったんだよ~!ぜひ見てみてください、映画見てない人。









アナキンがダースベイダーになったのは愛しい人を守る為だったわけですが、なんとなく「これってハメられてんじゃないの?」とはたぶん皆さん思うところだとは思うんですよね。まあ結局彼の独り相撲というか、「アナキンのばかーーー!」って感じだったんですが、最終的に彼女は死んでしまってそれを知ったロードベイダー、悲しみにうちひしがれていましたよね。
…もうちょっとわかりやすく悲しんでくれると良かったかなあと…結局自分のせいで死んでしまったという部分については、彼は理解できているんでしょうか。それでも暗黒の世界に身をおくのは、やはり彼女を生き返らせたい一心なのか、またはもうそっちの世界へいってしまわれたのか。
彼女がまだアナキンの中には善い心が残っている、と言ったので、暗黒面にびっしり浸かってしまったわけではなさそうだな、とも思います。

と、いうのがエピソード3しか見ていない人間の感想でした(死)。これから全部見てみたいなあ…でもオビ=ワンって同じ役者さんがやってるのかしら????

2005.07.13 | Comments(2) | Trackback(1) | 映画

キューティーハニーの話。

 私は最近「サトエリ」こと「佐藤江梨子」さんにハマっております。
それというのも、映画「キューティーハニー」をDVDで見てしまったから。
何で見たか、という動機としては、ダイエットにいそしむ者としては、美しいもの可愛いものは見ていたいというのが一番に上げられるし、高校受験の頃に夕方、家庭教師の先生が来る寸前にやっていたアニメが「キューティーハニーF(フラッシュ)」だったのも、たぶんあります。
サトエリはそれなりに好きだしキューティーハニーも好きだし、という事でとりあえず借りて上映開始。

 まず最初の感想としては、「うわぁお」。
如月ハニーの登場シーンは入浴中だったんですが、なんか口から出る言葉が「はにゃーん」とかそういう感じだったんですね。で、私はそっち系はチョットという感じなので、最初はアイタタタと思いながら見ていたのですが、だんだんと免疫がついてきたのか、平気になってきました。
本来ならハニー大好きだったはずの男性が何故かポリスな女性を好いていたりと、微妙に変わっております。
人情話な内容や、シスター・ジル様を何故か男性がやっていたり、四天王の一人、みっちーがいきなり歌いだしたり面白どころ満載です。
 そして注目すべきはサトエリの身体。
ナンデスカあのパーフェクトボディーは。出るところは出てひっこむとこはひっこんでいる。映画の為に少し太ったというのをどこかで聞きましたが、太ってアレなら別にいいだろみたいな。そんな気持ちでした。
ジル様初登場の時に、倖田來未さんが奇抜な髪型とファッションで登場して歌いだすんですが、やはりサトエリを見た後だと色々アレでした。グラビアにはかなわないよな、と。
と、いう事で映画版・如月ハニーは
頭弱い+とっても良い子+ナイスバディ+顔可愛い
という男性に最も好かれる女という役どころで、なんだか胸にいろんな思いがこみ上げました。
アニメ版は頭弱くなかったけど
でも会社内でのイジメられっぷりに何だか悲しくなりましたが…。でもなんか、女性社員から何も言わなくても溢れんばかりに漂ってくる「嫉妬オーラ」がナイス。嫉妬する女って醜いわぁ、ととっても感じさせられました
DVDの購入も考えたのですが、とりあえず思い止まりました。もうちょっとよく考えた方が身のためだなと思って。一時のハヤリに身を任せちゃだめよあたし!と思いDVDの購入に踏み切らない前に、キューティーハニーバージョンBABY-Gの購入をやめるべきです。


今日届きます

2005.06.28 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。