スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

映画を見ました。

見ました「容疑者 室井慎次」。

以前『交渉人 真下正義』を見たのですが、
(詳細はコチラ)それに繋がっているんでしょうか繋がってないんでしょうか?でも真下さんの後のお話ですよね、これって。
八嶋さん(敵側の弁護士ですね)のゲーム機についてるキーホルダーがなんとなく気になるお年頃。

ネタバレ↓


踊るの映画としてはつまらない部類でした。
真下さんはそのまま「踊るの映画だなあ」と思えるようなストーリーで、笑える部分ももちろんありつつ、とってもおもしろかったんですが、室井さんバージョンは特になかったですね。笑いが微妙です。つうか翔さん(新宿北署刑事役)の台詞が解読不能です。何いってるかわかんねーーーー!(゜∀゜)!!
最後の犯人の動機などが判明した瞬間(犯人の目星というのはだいたいの方が簡単についていたとは思うんですが)も、特にこれといって感動もなく…。あああ。
ラストあたりに犯人に謝る室井さん。
何を思って謝ったのか、考えるところはさまざまですが、ものすごく要所要所で考えなければならない映画でした。
踊るの映画だったりドラマだったりっていうのは、自然に、本当にごく自然に肩の力を抜いてみていても感動なりなんなり出来るものだったんですが、この映画はきちんと目を開いて耳を傾けて、キャラが話す言葉をしっかり理解しないと、感情に訴えてこられないという。いいんだか悪いんだか。

警察に辞表を出した室井さんでしたが、新宿北署で「本部長としての命令だ」というのですが、それは結局北署の方々が「本部長はあんただ」みたいな事を言ったからですよね。それもちょっと考えないとさ。あそこで翔さんとのアイコンタクトがあるとか、アホな刑事が突っ込むとか、そういうのがないとキツイですよ。
でも一度見ただけなので、ちょっと強くはいえないんですけど…見逃してたり考え違いというのもありますから。
あと、翔さんが筧さん(新庄補佐官)に「室井さんたすけてくれよ!」的なことを言うシーン。あれはあれで全然いいんですけど…ちょっとあっけないだろ…悲しい。最初は室井さんをやめさせようとしていた新庄補佐官の影も薄いし、どっちかというと助けようとしている真矢みき(沖田管理官)のほうがスポットを浴びているカンジ。いや別にいいんですけど、やっぱり最初は「新庄さんも助けるんだろうなあ」と思っていたものとしては、その予想を裏切ってくれるなら大々的に裏切って欲しかったですよ。
小声小さすぎて聞こえないYO(´д`)!だったし。
スタッフロール最後まで見ればなんかあったのかなあ…踊るっていつもそんなんですよね…あーあー。

最後で雪が降っていて、皆が室井さんを思っているシーンはステキでした。そこだけは本当に。あー冬だいいなーみたいなね。コタツで雪を見ていたいよ僕は。

とりあえず八嶋さん率いる弁護士軍団がキモ過ぎ

スポンサーサイト

2005.09.08 | Comments(0) | Trackback(2) | 映画

コメント

コメントの投稿

秘密にする

トラックバック

http://rollrolling.blog14.fc2.com/tb.php/65-120529ee

SUSPECT

大事な試合も終わってホッと一息(´▽`)というわけで昨日は『容疑者 室井慎次』を観てきました♪踊るシリーズにしてはウケ狙いの部分が少なく、ほとんどがシリアスな感じ。唯一の笑い所は湾岸署の署長等、オトボケトリオの所でしょうか。室井に面会に来た3人。軽い漫才でし

2005.09.08 | K-BLOG

容疑者 室井慎次

ヒマしてたんで、ちかくの映画館で、『容疑者 室井慎次』を観てきました。いわずとしれたTVドラマ『踊る大捜査線』シリーズの映画化で、『交渉人 真下正義』につづく、スピンオフ第2弾です。 『踊る…』ファン

2005.09.09 | SIDEWALK TALK

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。